「海上の森を楽しむ会」第350回の様子

梅雨時期にも関わらず雨の心配のない天気です。
31名が参加し物見山へ向け出発。
市道に出ると可愛いキハギの花がまず目に付きました。
森はいるとヤマアジサイがあちこちで咲き感激しました。
ヤマヒョウタンボクなど木に若い実がなっていました。
ウスバキトンボやネキトンボを今年初めて見ました。

キハギ

24-01キハギ
萩の花と言えば秋の花ですが、
キハギは梅雨時期から咲き始めます。
ツートンカラーの可愛い花です。

アカメガシワ

24-20アカメガシワ
夏を代表するはなです。
大正池の近くなどで咲いていました。
雌雄別株で写真は雄花です。

ヤマアジサイ

24-09ヤマアジサイ
今日はあちこちで咲き、堪能しました。

イソノキ

24-21イソノキ
大正池の辺で咲いていました。
おちょぼ口のような花でこれでほぼ満開です。

ヤブニッケイ

24-13ヤブニッケイ
物見山へ登る道で咲いていました。
楠の仲間はどれも地味な花です。

クマヤナギ(実)

24-11クマヤナギ
物見山へ行く道で見つけました。
この実は去年咲いた花が一年越しで熟した実です。
花は7月下旬から8月上旬にかけ咲きます。

タマヒョウタンボク

24-10ヤマヒョウタンボク
物見山へ行く道で見つけました。
朱色の小さい瓢箪のような形をした可愛い実です。

キブシ(実)

24-17キブシ
物見山から下る道でありました。
色はまだ緑色ながら大きさは一人前です。

タンザワウマノスズクサ(実)

24-08タンザワウマノスズクサ
林道で見つけました。
6つの稜がある変わった形をしています。

ママコノシリヌグイ

24-02ママコノシリヌグイ
駐車場から四ッ沢へ向かう道沿いで咲き始めました。
可哀想な名前が付いていますが
可愛い花です。

イヌヌマトラノオ

24-03イヌヌマトラノオ
駐車場より四ッ沢へ行く道沿いで咲き始めました。
オカトラノオとヌマトラノオの交雑種です。

コムラサキ

24-22コムラサキ
今日も大正池のヤナギに卵を産みに来ていました。

ネキトンボ

24-23ネキトンボ
大正池の中の枯れ木に止まっていました。
赤トンボの中では早く姿を現します。
羽の根元が濃い黄色をしているのが特長です。

エサキモンキツノカメムシ

24-12エサキモンキツノカメムシ
物見山へ行く途中で見ました。
ミズキの葉の裏で卵を守っていました。

セアカツノカメムシ

24-15セアカツノカメムシ
物見山近くの林道で見つけました。
綺麗なカメムシでよく見かけます。

ニセシラホシカミキリ

24-07ニセシラホシカミキリ
林道の木の葉の上にいました。
時々見かけますが、シラホシカミキリはあまり見つかりません。

ノコギリクワガタ

24-25ノコギリクワガタ
大正池の近くで樹液を出す木がありそこにいました。
この木には他にミヤマクワガタ、コクワガタもいました。

サトクダマキモドキ(脱皮中)

24-18クダマキモドキ
物見山から下りてくる途中で見つけました。
この写真を撮った数秒後には脱皮が完了しました。

クサカゲロウ

24-05クサカゲロウ
物見山へ行く途中でみました。
クサカゲロウは数十種類ありその同定は
非常に困難です。

6月17日の海上の森

今日は物見山方面へ行きました。
森の中や物見山から下る道ではヤマアジサイが咲き始めていました。
ササユリをあちこちで見かけ堪能しました。
オカトラノオやハエドクソウなど夏の草花が咲き始めました。
春に咲いた木に若い実が出来ていました。
野鳥のさえずりは少し少なくなって来ました。

ヤマアジサイ

17-08ヤマアジサイ
森の沢沿いの道などで咲き始めていました。

クリ

17-10クリ
所々で見かけ独特の匂いが漂ってきます。
大きな穂状の花は雄花で、
実がなる雌花は小さく枝に付いています。

エビヅル

17-01エビズル
実は大きくて美味しくなりますが、
花は地味です。
雌雄別株で写真は雄花です。

イワガラミ

17-07イワガラミ
物見山へ行く道筋で咲いていました。
木が大きくなり一面が真っ白に見えました。

ミズキ(若い実)

17-09ミズキ
物見山へ行く道筋にありました。
ミズキは少し高い山の木のため
海上の森では熟する前にほとんど落ちてしまいます。

ヤブデマリ(若い実)

17-06ヤブデマリ
物見山へ登る道で見かけました。
後1ヶ月もすれば朱色の綺麗な実になります。

サルトリイバラ(若い実)

17-15サルトリイバラ
あちこちで見かけました。
若い実は食べると青リンゴに似た味がします。
秋になり赤くなると食べれなくなります。

ヒメコウゾ(実)

17-12ヒメコウゾ
サテライトの裏庭でなっていました。
甘くて美味しい実ですが
刺が少し口に残るのが難です。

オカトラノオ

17-18オカトラノオ
駐車場裏の草地で咲いていました。
花の形が名前にピッタリ合っているので
一度覚えると忘れません。

ササユリ

17-04ササユリ
今日もササユリをあちこちで見ました。
今年は圧倒的に白っぽい花が多く見られます。

ワルナスビ

17-17ワルナスビ
駐車場の橋の近くで咲いていました。
花は綺麗ですが萼や茎に鋭い刺があります。

ハエドクソウ

17-13ハエドクソウ
多度神社の近くで咲き始めていました。
昔はこの草の根っこでハエ取り紙を作りました。

ヒメキマダラセセリ

17-05ヒメキマダラセセリ
大正池の近くで見ました。6月に入ってからよく見かける様になりました。
セセリチョウはどれもよく似ています。

オオベニヘリコケガ

17-03オオベニヘリコケガ
小さいながら綺麗な蛾がいました。
後で名前を調べました。

クロコノマチョウ(幼虫)

17-16クロコノマチョウ
四ッ沢へ向かう市道沿いで見ました。
ヨシの葉を食べていました。
今年は少なく心配していましたがこれで一安心です。

「海上の森を楽しむ会」第349回の様子

梅雨入り宣言がされた後も雨が少なく今日も上天気でした。
38名が参加し屋戸湿地方面へ向かう。
道沿いではイチヤクソウ、ウツボグサなど夏の花が咲いていました。
屋戸湿地ではハッチョウトンボが増え、
トウカイコモウセンゴケ、カモノハシなどが咲いていました。
ササユリが方々で咲き楽しめました。
野鳥の囀りもまだ多く
サンコウチョウ、ホトトギス、キビタキ、オオルリの声が聞こえました。

ササユリ

14-14ササユリ
初夏の名花です。
今日は数ヶ所で見ましたが
大正池近くで見たこの花が
色が濃く1番綺麗でした。

バイカツツジ

14-17バイカツツジ
駐車場前の森で咲き始めました。
長いオシベが印象的です
例年より10日ほど開花が遅れました。

ムラサキシキブ

14-10ムラサキシキブ
里へ向かう道沿いで咲いていました。
まだつぼみの木が多くこれからが楽しみです。

イチヤクソウ

14-01イチヤクソウ
屋戸湿地へ行く途中の市道沿いで咲いていました。

ウツボグサ

14-03ウツボグサ
屋戸湿地へ向かい道沿いで咲いていました。
他に多度神社近くで見たのは色が薄目でした。

ニワウルシ

14-02ニワウルシ
駐車場近くの川沿いで咲いていました。
雌雄別株で写真は雄花です。

トウカイコモウセンゴケ

14-07トウカイコモウセンゴケ
屋戸湿地で咲いていました。
東海地方にしかない植物です。
他に白い花のモウセンゴケも咲いていました。

クモキリソウ

14-12クモキリソウ
大正池の近くで咲いていました。
地味な花ですがじっくり見ると
味わいのある形をしています。

ハッチョウトンボ(オス)

14-05ハッチョウトンボ
屋戸湿地の池の方に
オスはたくさんいました。

コムラサキ

14-15コムラサキ
大正池の柳に卵を産みに来ていました。
順調に育てば8月下旬に羽化します。

コオニヤンマ

14-04コオニヤンマ
屋戸湿地へ行く途中で見つけました。
蛾を捕まえ懸命に食べていました。
名前のヤンマと付いていますが
サナエトンボの仲間です。

ウメモドキ

14-08ウメモドキ
屋戸湿地の近くで咲いていました。
雌雄別株で写真は雄花です。

ニガイチゴ

14-13ニガイチゴ
大正池の近くでなっていました。
美味しそうでしたが後の人の事を考え食べるのは止めました。