「海上の森を楽しむ会」第346回の様子

穏やかな天気のもと31名が参加し開催されました。
駐車場周りの森の木が芽を出し始め緑色になって来ました。
ウアワミズザクラ、モルバアオダモ、ミヤマガマズミなどが咲き出し、
チゴユリ、フモトスミレ、ツボスミレなども咲いていました。
オグマサナエ、イタドリハムシ、ハヤギハムシ、ニワハンミョウなどが出始めました。
ツマキチョウやトラフシジミなど春に多い蝶がいました。
オオルリ、センダイムシクイ、キビタキなど夏鳥のさえずりが聞こえました。

ウワミズザクラ

22-12ウワズミザクラ
物見山へ行く道などで咲き始めました。
花の形がブラシ状でサクラの花とは随分違います。

ミヤマガマズミ

22-17ミヤマガマズミ
市道沿いなど各所で咲き始めました。
よく似たコバノガマズミは少し遅れて咲き始めます。

マルバアオダモ

22-06マルバアオダモ
四ッ沢へ向かう市道沿いなどで咲き始めました。
花が極端に少ない年があります。

アケビ

22-01アケビ
四ッ沢へ向かう市道沿いなど各所で咲いています。
ミツバアケビに比べ花の色が淡く上品な感じがします。

ニガイチゴ

22-21ニガイチゴ
大正池近くなどで咲いていました。
上向きに咲き、花びらがねじれているのが特長です。
夏には赤い実がなります。名前に反し甘くて美味しい実です。

ウスノキ

22-14ウスノキ
物見山から下る道などで咲いていました。
梅雨頃には赤い実が熟します。

カナクギノキ

22-18カナクギノキ
大正池脇のカナクギノキが咲き始めました。
雌花なので地味な感じがします。

ザイフリボク

22-22ザイフリボク
サテライトから見て左奥の森で咲いていました。
もうすぐ、四ッ沢や駐車場近くでも咲き始めます。

サルトリイバラ

22-05サルトリイバラ
市道沿いなど各所で見かけました。
出だした葉とよく似た地味な花です。
雌雄別株で写真は雄花です。

チゴユリ

22-08チゴユリ
林道脇で咲き始めていました。
楚々とした可憐な花です。

フモトスミレ

22-09フモトスミレ
林道で咲いていました。
白い可愛い花が特長です。
葉は斑入りのが多い。

ツボスミレ

22-24ツボスミレ
日当たりの良い道沿いでたびたび見かけました。
5月下旬頃まで咲いています。

オグマサナエ

22-25オグマサナエ
帰り道で市道沿いで見つけました。
いよいよトンボのシーズンが来ました。

トラフシジミ

22-11トラフシジミ
林道の石に止まり羽休めをしていました。
虎模様が綺麗な可愛い蝶々です。

ヤナギハムシ

22-19ヤナギハムシ
大正池のヤナギにいました。
他にヤナギルリハムシも見かけました。

オオルリ

22-02オオルリ
四ッ沢へ向かう道沿いの
木の梢でオオルリが囀っていました。

「海上の森を楽しむ会」第345回の様子

昨日までの雨は上がり風はあるものの上天気です。
38名が参加し開催されました。
駐車場ではセンダイムシクイのさえずりが聞こえました。
市道に出るとウリカエデの花が目につきました。
雌雄別株なのでじっくりその違いを観察しました。
しばらく進むと遅れていたオオカメノキに花が咲いていました。
よく見ると飾り花は咲いていますが中心に有る本花は蕾です。
コバノミツバツツジもやっと咲き始めました。この花を見ると本格的な春の到来を実感します。
森の中ではアオキ、ミカワチャルメルソウなどがさいていました。
サテライトで昼食後大正池の奥の
マルバスミレを見に行く。運良く数輪が咲き始めていました。

オオカメノキ

12-23オオカメノキ
遅れていたオオカメノキがあちこちで咲き始めました。
飾り花は開いていますがまだ本花はさいていません。

コバノミツバツツジ

12-05コバノミツバツツジ
例年は3月下旬には咲くのに今年はやっと2,3日前から咲き出しました。

ナガバモミジイチゴ

12-04ナガバモミジイチゴ
林道沿いなどで咲いていました。
梅雨頃にオレンジ色の美味しい実がなります。

バッコヤナギ

10-17バッコヤナギ
森を出てサテライトへ向かう道で咲いていました。
雌雄別株で写真は雄花です。

タチヤナギ

12-02タチヤナギ
駐車場の橋の下で咲いていました。
川沿いに多いヤナギです。

アオキ(雌花)

10-18アオキ
遅れていた雌花が咲き始めました。
アオキは雌雄別株です。

ウリカエデ

10-03ウリカエデ(雄花)
いま花ざかりです。
雌雄別株で写真は雄花です。

ミツバアケビ

12-03ミツバアケビ
四ッ沢へ向かう市道で咲き始めていました。
上の大きいのが雌花で下に垂れ下がっているのが雄花です。

アカシデ

10-16アカシデ
林道ぞいで咲いていました。
垂れ下がったのが雄花で、雌花はその根元に付いています。

ヒメヤシャブシ

12-25ヒメヤシャブシ
サテライトから大正池へ行く道沿いの森にありました。
オオバヤシャブシに比べ雄花が細く
雌花が雄花に下に数個付くのが特長です。

マルバスミレ

12-19マルバスミレ
大正池より篠田池へ行く道で咲き始めました。
花の色が白く葉が丸いのが特長です。
花は少し遅めに咲き出します。

タチツボスミレ

12-26タチツボスミレ
多度神社近くの道沿いで咲き始めました。
ニオイタチツボスミレの比べ色が薄く茎に毛が少ないのが特長です。

スミレ

12-15スミレ
サテライトの庭や周りの道などで咲き始めました。
花の色が濃く、葉に翼があるのが特長です。

ミカワチャルメルソウ

12-07ミカワチャルメルソウ
林道沿いで咲き始めました。
愛知、岐阜、長野県にしかない貴重な植物です。

ミツバツチグリ

12-11ミツバツチグリ
林道脇などで咲き始めました。
ヘビイチゴに似ていますが
副萼片が小さく葉が長めです。

ヤブヘビイチゴ

12-16ヤブヘビイチゴ
山沿いの道で咲いていました。
ヘビイチゴに似ていますが、
茎が立ち上がり花が大きめです。

スルガテンナンショウ

12-18スルガテンナンショウ
林道などあちこちで咲き始めました。
栄養状態が良くなると雌株になります。

ゲンゲ

12-13ゲンゲ
休耕田で咲き始めました。
この草は肥料にしたり
蜜を取るなどして有効に活用しました。

クサノオウ

12-27クサノオウ
四ッ沢へ向かう市道で咲き始めました。
茎を折ると黄色い汁が出ます、この汁を
皮膚に付くとかぶれる事があります。

タガラシ

12-01タガラシ
駐車場脇の用水路に咲いていました。
よく似たキツネノボタンに比べ実の形が違います。

オオジシバリ

12-14オオジシバリ
田んぼの畦道で咲いていました。
よく似たジシバリは乾いた山地で見かけます

4月上旬の海上の森

今年は花が咲くのが遅くシデコブシはやっと咲き出したものの
オオカメノキやコバノミツバツツジはまだつぼみのままです。
それでも草花はネコノメソウ、カキドオシなど増えてきました。
今春生まれたコツバメ、ルリシジミ、ベニシジミなどの蝶が見えました。
春は遅れ気味ながら着実に来ています。

シデコブシ

02-04シデコブシ
寺山川沿いでやっと咲き始めました。
今年はツボミも少なく低調です。

ハルリンドウ

02-03ハルリンドウ
今日の屋戸湿地は天気が良く気温も高かってので
たくさん咲いていました。つぼみもたくさんあり今後も楽しみです。

ノジスミレ

30-01ノジスミレ
駐車場の脇の田んぼの土手で1輪咲いていました。

ネコノメソウ

30-02ナコノメソウ
水辺た田んぼの脇で咲き始めました。
種が猫の目に似ています。

カキドオシ

30-05カキドオシ
道路沿いで咲き始めました。
今は背が低めですが、最盛期には
名前の通り垣根を通すほど大きくなり増えます。

ヘビイチゴ

02-08ヘビイトゴ
道路沿いで見つけました。
これから田んぼなどでたくさん咲きます。

ヤブタビラコ

02-06ヤブタビラコ
田んぼの畦道で咲き始めました。

カラスノエンドウ

02-07カラスノエンドウ
あちこちの道端で咲き始めました。

コツバメ

02-02コツバメ
春に1度しか現れない近年減少気味の蝶です。
地味な色ながらよく見るとシックな柄です。

ルリシジミ

02-11ルリシジミ
この春生まれたルリシジミを見ました。