FC2ブログ

「海上の森を楽しむ会」第379回の様子

快晴の秋晴れの元31名が参加して開催されました。
駐車場ではジョウビタキの声が聞こえ冬が近づいてきました。
日当たりの良い草にキタテハやオツネントンボが止まっていました。
市道に出るとカマツカ、ツルウメモドキ、アオツヅラフジなどの木の実
センニンソウ、スルガテンナンショウ、ゲンオショウコなどの草の実が見えました。
冬の名花ヒイラギが咲き始めていました。
森の中は草花はすなくなりさみしい感じす。ヤツデの花が咲いていたのが救いでした。
ヤブコウジ、ムラサキシキブ、ヤブムラサキ、サネカズラなどの木の実がありました。
サテライトで昼食、庭の裏にサネカズラの実がたくさんありました。
午後は大正池方面へ行く。道沿いに黄色い実のヒヨドリジョウゴがありました。
池ではタカノツメ、カナクギノキ、ウリカエデなどの葉が色づいていました。
帰り道、里の出口付近でシロダモの花が咲いていました。

干し柿

14-12干し柿
サテライトで行われていました。
いかにも初冬の里の風景です。

11月1日の海上の森

ここ数日朝夕が冷え秋が深くなってきました。
ヤマハゼ、ヤマボウシなどの紅葉が美しくなってきました。
ジョウビタキが姿を見せ、おいおいアオジやルリビタキなども姿を見せるでしょう。
樹の花は少なくなりましたがキヅタやヒイラギが咲き始めました。
草花はノコンギクが最盛期です。
昆虫はトンボの姿が減り寂しくなってきました。

10月下旬の海上の森

秋が深まり草花が減ってきましたが
それでも探すとセンブリ、ナギナタコウジュ、ヤクシソウなどが
咲き出し。アケボノソウ、アキチョウジなどが残っています。
湿地ではスイランが咲いています。
近くの道ではアキノキリンソウが咲き
リンドウのツボミが大きくなって来ました。
木の花のコウヤボウキが咲き始めチャノキが満開です。
里の道沿いの杭にはアキアカネとコノシメトンボがたくさん止まっています。
そろそろ紅葉が始まりヤマハゼなどが色付いていました。
コバノガマズミ、カマツカなどの実が色付いています。
野鳥はジョウビタキの声が聞こえました。

「海上の森を楽しむ会」第378回の様子

秋晴れの元31名が参加し開催されました。
駐車場周りの森からは鳥の声も蝉の声もせず少し寂しい感じです。
駐車場の橋の下に綺麗なイシミカワの実が見えました。
市道に出るとコバノガマズミ、カマツカ、ゴンズイ、アズキナシ、ヌルデなどの実が見えました。
前回とは違う場所でツルニンジンが咲いていました。
ヤマガラがエゴノキの実を運ぶ姿が度々見えました。
四ッ沢の崖にヤマシロギクが咲き出しました。
四ッ沢の奥へヌマダイコンを見に行く。
丁度満開で見頃でした。近年株が増えて来ました。
森の中ではアケボノソウが咲き始めていました。
この花を見ると秋の深まりを感じます。
他にアキチョウジやコメナモミが満開でした。
サテライトの裏でアキノギンリョウソウの背が伸び花が咲き出しました。
午後は大正池の横道でヤマハッカの花を見ました。
天気予報が外れ雨が降り始めたので大正池うへ寄らずに帰る。

「海上の森を楽しむ会」第377回の様子

夜来の雨が残り気味のなか18名が参加し開催されました。
駐車場の森からは鳥の声もセミの声も聞こえてきません。
駐車場ではヒガンバナやアメリカネナシカズラが咲いていました。
市道に出て暫くするとツルニンジンの大きな花が見えて来ました。
右手の森にたくさんの実を付けたアオハダを見つけました。
四ッ沢の奥にオケラが咲き始めました。
道沿い味はミヤマガマズミ、ヌルデ、イヌザンショウなどの実が目立ちました。
森の中ではアキチョウジ、ヤブタバコ、ノササゲなどの花が増えてきました。
少し変わった形のコメナモミの花が咲き始めました。
サテライトで昼食、午後は大正池へ行く。
途中で背の高いアキノノゲシが咲いていました。
大正池では水の引いた後にサワトウガラシがたくさん咲いていました。
リスアカネが交尾しながら産卵している姿をたくさん見ました。

「海上の森を楽しむ会」第376回の様子

小雨の降る中27名が参加し開催されました。
駐車場の周りからは鳥の声やセミの声はなく
草むらからエンマコオロギなど虫の声がするのみです。
市道に出るとゴンズイ、アオツヅラフジ、エビヅルなどの実が目に付きました。
四ッ沢ではゲンノショウコ、ヒメジソ、エノキグサなどの草花が咲いていました。
森に入るとボントクタデ、ガンクビソウなどが満開です。
秋を代表するアキチョウジ、ノササゲ、ヤブタバコが咲き始めました。
里の田や畦道にはアキノウナギツカミ、ニラなどが咲き始め、
ヒレタゴボウ、アメリカアゼナなどが満開です。
草花にはオオチャバネセセリ、イチモンジセセリなどが蜜を吸いに来ていました。
サテライトにて昼食、庭のサネカズラの実が少し大きくなっていました。
雨模様なので昼食後直ぐ帰路に付きました。

9月2日の海上の森

厳しかった猛暑が去り吹く風が少し涼しくなってきました。
駐車場周り森からは野鳥の声は無く、ツクツクボウシの声がするのみです。
空にはウスバキトンボがたくさん飛んでいました。
駐車場裏の草地ではツルマメやヤハズソウが咲き始めました。
市道に出るとヤマボウシ、アオツヅラフジ、サワフタギなどの実が目立ちました。
市道沿いではセンニンソウの花があちこちで咲いていました。
森の中ではガンクビソウ、シュウブンソウなどが満開です。
ハシカグサ、イヌコウジュなどが咲き始めました。
里の休耕田にはヒレタゴボウ、クサネム、チョウジタデなどが花盛りです。
大正池へ行く道で珍しいナンバンハコベを見つけました。
道沿いでヤユタテアカネ、コノシメトンボなどの赤トンボがいました。
大正池から物見山へ行く道沿いでボタンズルがたくさん咲いていました。

「海上の森を楽しむ会」第375回の様子

台風の余波か不安定な雲行きです。20名が参加して開催されました。
駐車場の周りの森からは鳥の声は無くツクツクボウシの声が聞こえてきました。
駐車場を出ると直ぐミヤマウズラが咲いていました。
市道を進むと道に熟しかけたヤマボウシの実が落ちていました。
上を見ると木にたくさんの実がなっていました、今年は当たり年です。
道沿いのあちこちでセンニンソウが咲いていました、
まだツボミがたくさんあるので今後が楽しみです。
市道沿いでサワフタギの実が綺麗な群青色になっていました。
森の中ではホンゴウソウやツルニガクサなどの珍しい花を見ました。
サテライトではタマムシとヒヨドリジョウゴを見ました。
午後は大正池へ行く。池ではヒメシロネなどを見ました。
帰り道、多度神社近くでシュウブンソウが綺麗に咲いていました。

8月19日の海上の森

暑かった猛暑が去りここ数日は秋を思わせる涼しさです。
センニンソウやツリガネニンジンが咲き出し、
ミヤマガマズミやカマツカなどの実が大きくなりました。
セミの声はほとんどツクツクボウシです。
オニヤンマやヒメアカネ、リスアカネなどが増えてきました。